みぬさんのページ

日々の何気ない出来事、アニメや気象観測などを記事にして書いています。

自宅に企業・店舗用WiFi CISCO Meraki Goを導入してみた

コロナ禍で、リモートワークを行う機会が増えていると思います。
また、昨今では無くてはならないライフラインとして。インターネット回線があります。
インターネットに繋がれば、自宅で買い物や動画視聴、オンラインゲームなど幅広いジャンルが利用でき、今は自宅にネット回線を引いている世帯が多いと思います。
また、スマホやタブレットなどをインターネットに接続する為に、一緒にWiFiルーターを設置している世帯も多いでしょう。

その中で、一番困ってしまうのがWiFiには繋がってるのに、妙にネットの繋がりが悪いという事。


企業・店舗用のWiFiを導入した経緯

f:id:yutanty:20211020230013j:plain
今まではBuffalo社の家庭用WiFiルーターを使用してましたが、最近になり、異様に応答速度が長かったり接続がかなり不安定になったりと、ネット環境が非常に安定していませんでした。
原因は、そもそもインターネットに接続してる台数が多過ぎるということ。

我が家では、iPhoneやiPadをはじめ、Mac book・iMac・レコーダー・プリンター・IoT機器に至るまで、大量の機器がWiFiに接続されています。
常時接続している台数だけでも10台以上存在しており、そもそもこの接続数の多さがWiFiルーターの処理を圧迫していることが分かり、対策を講じることにしました。

ただ、現ルーターは購入からまだ一年経っていないため、買い換えるには躊躇しましたが、今後も解消することはないだろうと判断し、買い換えることに致しました。

買い替え先のルーターについて、接続台数可能台数の多さと安定性を考えると、家庭用のWiFiルーターでは条件を満たさなそうで、また買い替えても同じ現象が発生しそうでしたので、思い切って家庭用から卒業し、企業で使われてるWiFiルーターを自宅で導入することにしました。


f:id:yutanty:20211020225903j:plain
その中で候補に上がったのが、CISCO社のMeraki Goというルーターです。
CISCOはアメリカにある会社で、一度は聞いたことがある世界最大のコンピューター用のネットワーク機器を手掛けてる企業です。

このCISCOが、小・中規模用のルーターとして Meraki GoというルーターをAmazon販売価格 約2万円という安価な値段で販売されています。
あまり高い値段ではなかったので、簡単に導入できるというメリットはありますね。

また、働いている職場の各部署やエリアに設置されてるルーターがこのCISCOのルーターで、真っ先に参考にしてたというのもあります。
もう一つの候補がヤマハなのですが、ヤマハのルーターはすごく値段か高かった...。ルーターで30万円近くします。

f:id:yutanty:20211019080430j:plain
Amazonで購入注文後、3日後に届きました。

f:id:yutanty:20211019080438j:plain
流石は、店舗などに設置するルーターだなと思った。
余計なランプ等が無く、とてもシンプルなデザインで個人的にはこういうデザインが好きなので気に入りました。
そもそも、WiFiルーターはLANケーブルや通信ランプがピコピコ光る仕様は好きではないので、これはありがたい。
このルーターもそうですが、PoE給電が可能なルーターです。
LANケーブルから電源を供給するタイプで、企業用のルーターは殆どがこのタイプ。
ただ、これは別途でPoEハブを用意しないといけないため、今回はコンセントから電源を取ることにします。


管理画面はアプリから

f:id:yutanty:20211020231752p:plain
CISCO Meraki Goでは、一般的な管理WEBが無く、全てアプリから操作することになります。
Meraki Goアプリは、Android・iOS共に対応しています。
管理画面がアプリしかないため、スマホやタブレットが1台無いといけませんが、そもそも家庭に1台スマホはあると思いますので困らないと思います。

また、WiFi SSIDは最大で4つ出すことが可能ですが、我が家環境では要らないので、1つしか出してません。
帯域幅やチャネルの自動・手動変更も出来ます。
レビュー評価では、チャネルの手動設定が出来ないと書かれてたユーザーがいましたが、普通に変更可能でした。ただ、設定の項目を見つけるのが大変でした。


f:id:yutanty:20211020232312p:plain
f:id:yutanty:20211020232332p:plain
管理アプリからは様々な要素を見ることができ、家庭用ルーターにはないネットワークのトラフィック状況を確認したり、各端末の通信容量、また利用サービス毎の通信状況など細かな情報を見ることができます。


f:id:yutanty:20211020233052p:plain
端末毎・利用サービス毎に帯域制限をかけることも出来るみたいです。
膨大な量の通信をしてしまう、Youtubeなどの動画配信サービスのみに帯域制限を行ったりなど、細かく設定することも。


BuffaloのルーターからCISCO Meraki Goに変更してから一週間は経ちますが、今までにあった接続の不安定な状態や、繋がりが悪くなったりなどの症状は今の所無く、非常に快適に利用できています。