みぬさんのページ

何気ない日常を送っているみぬさんのブログ

まもなく放送スタート 衛星4K・8K放送について

今年の12月からスタートする超高画質放送の開始について

いよいよ今年の12月から次世代の映像規格 4K・8K放送がスタートします
今年に入ってから衛星放送の再編成が行われていて、今月もNHKBSプレミアム・ディズニーチャンネル・BSアニマックス・スターチャンネル2及び3にて、BS周波数帯再編成による長時間休止があります

また、余談ですが今秋には東経110度CSでも大規模な再編が行われます...
yutanty.hateblo.jp


そもそも4Kってなに...??

最近になって、4K対応テレビ等の発売でこの言葉をよく聞くようになりました...

f:id:yutanty:20180508171223p:plain
4Kとは、今主流になっているフルハイビジョン(2K)の2倍の解像度を持つ超高精細テレビ(UHDTV)を示します
現在、2Kで放送しているのはBS放送の番組(一部、地上波局もあり)がメインになっています...

つまり、4Kになると細かい所も綺麗に映し出すことが出来るので、スポーツなどの動きの激しいシーンなどではより美しく映し出すことが出来ますね


我が家の配線構築図

f:id:yutanty:20180508180830p:plain
今まで我が家の構築してきた配線図を分かりやすくしたもの...? です
屋根っていうか... ベランダに東京スカイツリー向け(NHK・広域民放・MX・テレ玉)用とNHK水戸(筑波局)向け用のUHFアンテナを2本設置していて、マストでUHF2波を混合する混合器を設置、その下にBS・東経110度CSアンテナ(以下衛星アンテナ)を混合及び増幅するブースターを付けています...
UHFアンテナに関しては3本設置する予定でしたが、東京スカイツリー向けのアンテナで、地元局のテレ玉も良好に受信できることが判明したため、2本設置となりました

今まではケーブルテレビに入っていたため、アンテナからの宅内配線はケーブルテレビの時のものを使用しています
屋外の現在は使っていないケーブルテレビ保安器の横で、宅内とアンテナとの同軸ケーブルを接続している状態です

宅内は地上波とBS・CSが1本の線で来ているため、部屋の壁面端子から地上波と衛星放送の電波を分離するための分波器を設置して、各レコーダーやテレビに配線しています

必要なものは...?

まず、設置している衛星アンテナを4K放送対応機器に交換する必要があります...
今まで放送していたのは、右旋帯域という衛星から右回りで飛んでくる電波でしたが、新たに左回りでの電波(左旋帯域)での放送となるので、今までのアンテナだとまず受信できません...
そして、地上波と衛星放送を混合する混合器も4Kに対応していない機器な為、交換し受信するテレビも4K放送対応テレビに交換しないといけません...
それ以外にも宅内配線も全面的に変える必要も出てくるかと思われ... それをすると金額的にもかかってしまうので...


我が家ではそこまで4K放送にこだわっていないので、交換は当分先かと思われます...(笑)