読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みぬさんブログ

Hatena Blog

妹が広島に行ってきた -広島・呉-

日記 旅行

f:id:yutanty:20160802055255j:plain
妹が7月31日から8月3日までの4泊5日で広島県に行ってきました
その時に撮影した写真を紹介していきます

2日目の朝
瀬戸内海の海沿いにある某ホテルに宿泊したそうで、瀬戸内海の朝が綺麗ですね!
前回は「厳島神社」に行ってきました
今回は広島の臨海都市「呉市」に行ってきたそうです


呉市広島県南東部にある都市で、明治時代に呉市に第二海軍区鎮守府(呉鎮守府、・通称「呉鎮」)が開庁した以降、軍港都市として有名な都市です
海軍工廠において、当時世界一の軍艦と呼ばれていた「戦艦 大和」などを建造され、東洋一の軍港・日本一の工廠として知られています
戦争が終わり、旧大日本帝国海軍から海上自衛隊に引き継がれ、現在も呉基地として、日本の海の防衛を守る重要な場所となっています



f:id:yutanty:20160802103903j:plain
呉市に行って、妹はここに行ってきました...
てつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)です
これは、実物の潜水艦です
自分も実際に実物は、横須賀の軍港めぐりで何度か見てみましたが、やっぱり大きいですね...
ちなみに、この潜水艦は実際に海上自衛隊で就役していたゆうしお型潜水艦の「あきしお」 (SS-579)です
2004年3月に除籍となった後、展示用として保存されてるそうです...
実際に使われてた本物の潜水艦を見れるのは全国でもここだけです...


あと、お隣にある大和ミュージアムも行ってきたそうです...
大和ミュージアムは愛称で、呉市海事歴史科学館が正式名称ですが、前述の方が広く知れ渡ってますね...

ここは、軍港・鎮守府としての呉の歴史や、基幹となった製鋼や造船などの科学技術を展示することを目的としてる資料館です


f:id:yutanty:20160802100314j:plain
これが当時は世界一と言われてた戦艦「大和」を1/10にした模型です
これでも十分大きいですね!
実物は艦首から艦尾まで263mもありました... そして、3000人以上の人が乗れる桁外れの艦でした

そう言えば、今年の春に大和型戦艦の2番艦「武蔵」がフィリピン東方沖の海底で見つかったというニュースが出ましたよね!
その様子がネット中継されて、すごく話題になりました...


f:id:yutanty:20160802104049j:plain
上から見るとこんな感じ...
写真では伝わらない迫力感がありそうですね!
自分は実際には行っていませんが、見てるだけでテンションが↑↑


f:id:yutanty:20160802101205j:plain
大和に搭載されていた主砲(46cm主砲)
46chの主砲は当時どころか現在でも世界最大の大きさです


f:id:yutanty:20160802100833j:plain
f:id:yutanty:20160802101104j:plain
f:id:yutanty:20160802101117j:plain


f:id:yutanty:20160802102315j:plain
下の潜水艦は伊四百型潜水艦です
3機の特殊攻撃機晴嵐』が搭載可能な、潜水空母でした

潜水艦に攻撃機が搭載された潜水艦は現在に至るまで、この伊四百型潜水艦だけです


f:id:yutanty:20160802103536j:plain
潜水艦の奥にあるのは、零式艦上戦闘機ですね...
零戦(れいせん)やゼロ戦って言われてた戦闘機です
一回の補給だけで2,200 kmに達する長大な航続距離を持っていたそうです


今年の1月に、復元された零式艦上戦闘機を終戦後初めて大空を飛びましたよね!
ニュースでも話題になりました